一歩塾通信

個別指導塾と点数が上がらない理由

町を歩くと地域によっては多くの個別指導塾が目に入ります。個別指導塾でも

1対2、1対3、1対4、・・・と指導形態は実に様々です。では、なぜ

これほど多くの形態に分かれているのでしょうか?それは、勉強するにあたっ

て重要なことはインプットとアウトプットのバランスだからです。

インプットは自分の中に入れる・・・つまり何かを見たり、聞いたりして、

自分の中に知識や情報として取り入れることです。アウトプットは、話す、書く、

文章にするなどして、自分の中から外に出すことで知識を定着させることを言います。

どちらが重要かと言えば、公立中学に通う生徒ならば、圧倒的にアウトプットが重要です。

というのは、公立中学で学習するものは義務教育の範囲内ですから、本当にいくら頑張っても

理解できない生徒は非常に少ないのです。このように言うと必ず、「テストで10点や20点の

生徒もいるじゃないか!」という方がおられます。実は、10 点や 20 点ならともかく 30 点

くらいの生徒さんは、概ね理解できているんです。「そんな馬鹿な!」と思われるかと思いますが、

どうして 30 点というような点数になるのか、それは知識がたくさん定着していないからなんです。

数学であれば、先生から説明をうけ理解はできても、自分ひとりで解けるようになるまでは、

何度も自分で解いてみる必要があります。英語についても同様です。理解はできても、

単語を覚えていなくて書けなければ得点にはなりません。つまり、かなりのアウトプットが

必要というわけです。ですから、1対1の個別指導塾はインプットの割合が高すぎるということに

なります。普通の公立中学生が1対1の個別指導塾に通うのは非常に贅沢ですが、しかも自分で意識して

アウトプットの時間を取らないと成果がでないということになります。

私たちは、お子様一人ひとりに応じて理解を定着させるための時間を創りながら、消化不良を起こさずに

アウトプットできる!(テストで点数が取れる!)様に指導させて頂きます。

こんな一歩塾に興味いただけたら、以下メールからお問い合わせください。

https://ippojuku.com/inquiry/

以下LINEでのお問い合わせも可能です。

https://ippojuku.com/line/

☎03-6803-1618 (ホームページ) https://ippojuku.com/      一歩塾👣

PAGE TOP